芸能人も愛用しているマタニティの通信販売

マタニティパジャマの必要性や必要枚数と選び方!先輩ママの体験談!

名前:Mさん 年齢:35歳

 

出産準備の本などを読んでると、
とてもいろいろなものが出産準備のリストに載っていますね!

 

どれが本当に必要なものなのか、迷ってしまいますよね。

 

 

私は、なるべく無駄なものを買いたくないという考え方なので、
普通のもので代用できそうなものは購入しませんでした。

 

マタニティパジャマも、普通の大きめのパジャマで済ませました。

 

授乳のときは、すそをめくり上げて授乳してました。

名前:Iさん 年齢:33歳

 

マタニティパジャマを私は妊娠4ヶ月目頃から使っていました。

 

ウエストのゴムの長さが調整できるので、
普通のときでもパジャマとしても使えます。

 

 

春の終わりに赤ちゃんが産まれる予定なので、
秋冬春3シーズン用のマタニティパジャマを3着買っていたのですが、
予定日が過ぎてしまって(汗)

 

夏になっていたので、入院中あわてて買いました。

 

 

マタニティパジャマは冬の授乳のときは、
胸の部分だけを開ければいいのでパジャマよりあったかいです。

 

涼しくなったら、またマタニティパジャマを使おうと思っています。
(長く使って元をとります^^)

 

入院中だけ使おうと思っているなら、
買わなくていいかもしれませんね。

 

 

普通のパジャマを用意するなら前開きは当然ですが、
ボタン穴にボタンを通すタイプじゃなくて、
プチプチとめれるやつのほうが楽ですよ。

名前:Sさん 年齢:29歳

 

私の場合は9カ月に入るちょっと前に
マタニティパジャマの最初の1着目を買いました。

 

ちょうどお腹が急成長して気候もだんだんよく暖かくなってきたので、
半袖と長袖の3ウェイのパジャマを準備しました。

 

 

通常のパジャマでも、大きくなるお腹が入るなら良いと思いますが、
私の場合は、予想以上にお腹が大きくなったので、
今までのパジャマは使用できませんでした!

 

ですから、マタニティーパジャマONLYです。

 

 

予定としては、通常のパジャマとマタニティーパジャマ1着で
出産までを乗り切るつもりだったのですが…

 

結局、2枚目も買いました。

 

 

同じ値段でパジャマ買うのなら、サイズが大きい普通のものよりも
授乳口付きの方が便利だと思います。

 

マタニティパジャマは丈が長いので、
ズボンなしでも着れて今は便利です。

名前:Sさん 年齢:30歳

 

病院で専用パジャマが無いのなら、
丈の長いパジャマはある方がいいです!

 

陣痛がくると子宮口の開き具合を看護婦さんがしょっちゅうみにくるので
ズボンは脱いだままになってしまう事が通常ではないかと思います。

 

 

子宮口が全開になったら分娩台に上がるので、
ズボンがなくてもある程度の丈のあるパジャマが必要となります。

 

丈の短いものは、移動のとき下着が丸見えなので恥ずかしいと思います。

 

 

産後の回診のときも看護婦さんが毎日検診に来るので、
産後も丈が長い方が何かと便利ですよ。

 

 

授乳口付きのマタニティパジャマでしたが、
私はあっても使いませんでした。

 

授乳しにくかったです。

 

上からボタン3つぐらい開けてガバッと開けて授乳してました。

 

授乳室では周りのママもそんな感じでした^^